音楽

楽曲コンペって何?

こんにちは、小林志保です。

私は最近、メジャーアーティストの楽曲コンペというものを受けています。

【近況報告】作曲家はじめました。小林志保です。こんにちは。 ツイッターの方では何やらべらべら喋っておりましたが、 最近、作曲家をはじめました。 結論から申しますと、...

何それ?って聞かれることが多いので、今日は書いてみたいと思います。

コンペ=オーディション

楽曲コンペというのは、要は、楽曲のオーディションですね。

メジャーアーティストが歌う楽曲を、
発注者がたくさんの音楽事務所から、曲を集めて、
ひとつに決めていくということになります。

コンペのメール

所属している音楽の事務所から、コンペの楽曲募集のメールが来ます。

↓だいたいこんな感じです。

(例)
■アーティスト:ほにゃららさん
■締め切り:○月○日○時

■こんな楽曲を求めています
1.アップテンポ
参考曲:誰々の何々
2.バラード
参考曲:誰々の何々

どれくらいの長さで作るの?

ワンコーラスでOK、というのがほとんどの発注です。
が、私は事務所の方針でだいたいフルコーラス作ってます…Oh…

ときには、TVで流す関係で89秒の尺で、というふうに決まっていたりします。

クオリティは?

伴奏も作り込んで、仮歌も入れて提出します。

昔は、弾き語りとかでも受かったらしいのですが、
今は、「もうこのまま発売できちゃうよ!」っていうくらいのクオリティが求められるそうです…ひええ…

月に何曲くらい作るの?

私は、頑張りすぎて(というか、音楽事務所に2社所属していた関係で)
月に10曲以上作っていました…

が、これは体力的に続かないだということで、月に4-5曲に抑えています。
(音楽事務所も一本に絞りました)

売れっ子は月に10曲くらい作り続けてたりもするみたいですね…
インタビューを色々読みましたが…す、すごい…

どれくらいの確率で受かるの?

受かる人はたくさん受かるらしいです。月に何曲も…す、すごい。

でも、だいたいは2-3%と聞きます。100曲作って2曲。大変ですね。

私はまだ受かってません。受かったら大声で自慢したいと思います。笑

さいごに

こんな感じでございます。

コンペって大変だなーと思いながらやっていますが、
それでも曲を作るのは楽しいし、
「コンペに提出する」という目的が出来て、作曲の良いモチベーションになっています。

淡々と楽しく続けるのが一番なのかなあと思っています。
できるだけ無理せず…無理したらやっぱり続きませんもんね…

継続して、試行回数をとにかく増やすしかないのかなあと。

どうなるかはわかりませんが、しばらくはこの生活を続けたいなあと思っていますー。

それでは、今回はこのへんで。