声優

声優になるにはどうしたらいいか?

こんにちは、小林志保です。

声優ってどうやったらなれるんだろう…?
声優なんて夢物語じゃないの?

こんな方もいらっしゃるかと思います。

私は、実際に声優になり、周りにも声優がたくさんいます。

今回は、声優になるには、実際のところどうしたら良いのか、
生身で感じてきた経験から、解説していきます。

声優になるために必要なもの

  1. 実力
  2. 業界へのつながり

が、声優になるためには必要です。

①実力

非常に曖昧なものですが、声優に必要な最低限の実力とは、

  • 滑舌
  • 表現力

になります。

滑舌は、

  • 外郎売など、基礎的な原稿をしっかり言える事
  • ある程度の早口言葉が言えること

などが必要になります。

表現力とは、芝居や朗読における表現力です。
本当に簡単に言うと、

  • 役になりきること
  • 言葉をきちんと相手に伝えられること
  • 情景をしっかりと伝えられること

などが必要になります。

②業界とのつながり

実力だけがあっても、業界とのつながりがなければ仕事には繋がりません。

大体の人は、声優事務所に入って、そこから仕事に繋げてもらいます。

実力をつけるためには

大体の方は、以下のルートをたどっています。

  • 声優養成所に入る
  • 専門学校に入る
  • 演劇をやり続ける

以上です。

専門学校は、未経験から受け入れてくれる所も多いです。
声優養成所は、ある程度の経験が無いと受け入れてくれない場合もあります。

専門学校や養成所を経て、何年か勉強して、実力をつけていく人が多いです。

また、学生時代から演劇を続けるなどして、着実に演劇経験を身に着けていく人も居ます。

業界とつながるためには

さて、先程も書きましたが、大抵は声優事務所に入らなければ仕事にありつけません。

※たまーに違うルートの人も居ますが、そういう人は大抵演劇を続けているうちに、
業界の人とたまたま出会って…という方が多いです。

声優事務所に入るにはどうすればいいかと言うと、

  1. 声優事務所が運営する養成所に入る
  2. 専門学校から入所オーディションを受ける
  3. 声優事務所が開催するオーディションを受ける

といったルートが一般的です。

①声優事務所が運営する養成所に入る

多くの声優事務所は、付属の養成所を運営しています。

そちらに入り、勉強した後、優秀な人は事務所所属になれます。

入所にも試験がありますし、所属するにも試験があります。
倍率は様々ですが、大変厳しいです。

(例)青二塾81 ACTOR’S STUDIO

②専門学校から入所オーディションを受ける

多くの専門学校は、卒業時にオーディションを開催しており、
様々な声優事務所の方が、見に来てくれます。

そこで受かれば、声優事務所に入ることが出来ます。

ですが、専門学校によっては、声優事務所の養成所合格というのもあり、
まっすぐ所属として入れるとは限りません。
よく専門学校の特徴を調べてから、入るのが良いと思います。

(例)アミューズメントメディア総合学院映像テクノアカデミア

③声優事務所が開催するオーディションを受ける

声優事務所によっては、入所オーディションを開催している場合があります。

こういったオーディションで声優事務所に入ると、
他の人と比べて目立つため、
事務所に推してもらって仕事を貰いやすいという傾向があります。

また、お金がかからない事が多いです。

(例)81オーディション

注意点

声優事務所によっては、お金目的のところもあり、
所属者からむやみにお金をとったり、
養成所ビジネスだけで成り立っているような所もあります。

その事務所がどのような事務所なのか、あらかじめ、
所属者のしている仕事などを調べた上で、よく検討したほうが良いでしょう。

さいごに

以上が、私の身の回りに多い、声優になる方法です。
他にも方法はあるのかもしれませんが、こういったやり方が一般的だと思います。

確かになるための倍率は高いですが、
具体的に考えていくと、声優になるというのも夢物語というわけでもないように思います。

それでは、これから声優になりたいと思う方の参考になれば幸いです。