Wish Melodies Blog - 小林志保ブログ


MENU

夢を追う生き方は、正しいのか?


スポンサーリンク

どうも、小林志保です。

 

ふと、こんなことを思いました。

夢を追う生き方は、正しいのか?

 

色々振り返りつつ、考えてみたいと思います。

 

 

なぜ夢を追うようになったのか

私の場合、それは突然でした。

大学の授業中、

ふと

「これで良いんだろうか?」

「人生このままで良いんだろうか?」

と思ってしまったことが始まりでした。

 

よくわからない、好きでもないことを

一生続けていて良いんだろうか?

 

やばい。何かがやばい。

大切なことを忘れてしまっている。

 

こう思った瞬間から、何かが変わっていました。

 

友人が声優になった

仲良くなった友人に、

「好きなことに挑戦するべきかも…」

という話をしました。

 

そして前から、その友人に向いているなあと思っていた

声優のオーディションを勧めました。

私も声優に興味があったので、一緒に受けました。

 

するとどうでしょう。

友人は、オーディションでグランプリを獲ってすんなりと声優になったのでした。

 

声優と音楽と

友人の成功を祝福しつつも、

私はもやもやしていました。

彼女は可愛い声の持ち主だったのです。

そうか、声が低い私は、声優にはなれないんだ…と思いました。

 

そして、前々から続けていた作曲、音楽をやるべきなのかな…

と思いました。

声優になる夢は、一旦押し込めたのです。

 

そして、各社にデモテープを送りまくりました。

結果は、

  • 仮歌の依頼。
  • メジャーアーティストの楽曲コンペ参加。

と、いうことで、一応、音楽関係に足も踏み出せました。

しかし、これで良いんだろうか、という迷いがずっとつきまといました。

 

本を読みまくった

一体どう生きれば良いのかわからなくて、本を読みまくりました。

 

これは、サークルの部屋で読んでいたのをなんとなく思い出します。

サークルで遊んでる場合なのかな…とかも思っていました。

1年生の時はあんなに楽しめていたのに。

 

色んな人に相談してみたりもしました。

飛んでも、飛ばなくても、後悔するかもしれない

迷いは消えませんでした。

 

ふと、決めた

そんななか、友人に借りた

『秘密』という漫画を読んでいて

登場人物に、かっこいい女の人が出てきました。

あ、こういう系のキャラクターは私が声を当てなきゃ

と、なぜか思ったのでした。

 

思い出したように、私は声優をやる、ということを決めました。

 

バイトして貯金。

その後、大学と並行して専門学校に通い始めました。

 

そして、養成所生活2年。

そこから声優になれず、

1年貯金生活。

 

そこからまた2年間専門学校。

 

そして、ようやく声優になりました。

 

しかし、事務所に2年ほど在籍した後、

強制フリーランスへ。

 

一体これで良かったのかなと、思う今なのでした。

 

夢を追わない

夢を諦めて、就職して、幸せそうな子もいます。

絶対諦められてないのに、諦めて就職、という子もいます。

 

その幸せもあると思います。

 

成功している人たち

わたしの周りは、夢を叶えて、成功している人たちが結構います。

でも…

 

仲間たちが夢を掴む度 自分は少し終わってく気がしていた

REVERSI UVERworld - 歌詞タイム

 

自分は、もしかしたら

夢が叶わない運命の人間なのかもしれない

とも思います。

 

それでも行くしかないのかもしれない

苦しんで生きたいわけじゃない、

でもどうしてもやめたいと思えないようです。

 

努力をしても叶わなかった人たとえ僕は叶わない人だとしても この足を止めはしないだろう

PRAYING RUN - UVERworld - 歌詞 : 歌ネット

 

イカロスは羽ばたいたよ
ひとり風を受けて
卑怯と呼ばれても 羽ばたいたよ
死ぬとわかってても・・・

翔べ!イカロス - Jungle Smile - 歌詞 : 歌ネット

 

かかげた理想と心中しちゃえるくらいのこの価値観だけも

7th Trigger - UVERworld - 歌詞 : 歌ネット

 

いろんな歌の歌詞が私の頭に浮かびます

 

それが本音なのかもしれません

 

本音に従って生きたい

どうせなら、本音に従って生きたいなと

そう思います

 

生まれついてしまった血には逆らえないのかもしれません。

 

結局、夢を追うことは、正しいか、正しくないかはわかりません。

でも、本音に従う、これは正しいのかなと思います。

 

長々と、なんだかまとまらなくなってしまいましたが

今の気持ちを書いてみました!