Wish Melodies Blog - 小林志保ブログ


MENU

『受け入れの極意』山川紘矢・亜希子著 を読みました。感想


スポンサーリンク

どうも、小林志保です

 

『受け入れの極意』という本を読みました。

なんというか、人生には前々から

受け入れざるをえないこと

が多いよなあと思っていましたので。

 

最近またそのようなことが起きましたので。。。

少し元気を出したくて、大好きなスピリチュアル系を。

 

山川夫妻は、有名なスピリチュアル本を

多々翻訳されたり、ご自身で書いたりされています。

 

たとえばこれ。

スピリチュアルに少し興味が出たよ~って人は読むべき。

的な入門書的位置づけ。

 

まあそんなわけで今回は

ご本人たちの著作です。

 

引き寄せがどうとかよりも私は

起こるべきことは起こる、という

どっちかというと

運命論に近いものを信じて生きています

 

だってどうしようもないこと多いもん。

 

自分の声が人より変わってるんだなあとか

大学に落ちたなあとか

事務所落ちたなあとか

結構いろんな体験がありました。

 

でも、全部仕方ないことです。

受け入れざるをえませんでした。

 

変えることのできないものを

上手に受け入れて、

上手に生きていく

そのお手伝いをしてくれるような本でした。

 

宇宙はすべて完璧に動いている。

 

これは本当にそうなんだと思います

 

どんなに辛いことがあっても

苦しいことがあっても

起こるべきことは起こる。

 

宇宙が完璧だと信じると

少しだけ心が救われるような

そんな気がするのです。

 

そんなわけで

そういう考え方に同調できる方には

おすすめかな~って思う本でした!