Wish Melodies Blog - 小林志保ブログ


MENU

SHINeeのジョンヒョンさん死亡。自殺ってなんだろう?悪だろうか?


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

どうも。小林志保です。

 

人気アイドルグループSHINeeのジョンヒョンさんが死亡したというニュースを聞きました。

ご冥福をお祈りいたします…

SHINee グッズ ジョンヒョン 2018年 卓上カレンダー 日本祝祭日仕様 ( 韓メディアSHOP購入特典付 )

 

これをきっかけに、自殺というものについて

少し考えてみました。

 

 

韓国の芸能人の自殺は凄く多い

大学の頃、ゼミに韓国人の先輩が居たのですが

「韓国の芸能人の自殺は凄く多い」と。

なぜなら、

「韓国では日本よりもずっとネット社会」

「ネットでのバッシングがものすごい」

からだそうです。

 

心身が疲れているところに、

バッシングなんか見たら

嫌になってしまうと思います…。

 

自殺ってなんだろう?

自殺は悪だろうか。

それとも、個人の権利だろうか。

 

それぞれの立場について考えてみます。

自殺は悪とする立場

少なくとも、遺族には衝撃を与えるでしょう。

また、親しい知人、芸能人の場合はファンにもショックです。

そんなに詳しくない人(私など)にもそれなりにショックです。

とにかく、悲しみなどの感情を与えます。

周りの人間にとって、悪とも言えるかもしれません。

個人の権利

例えば、うつ病など精神的疾患にかかっていたとして、

毎日生きていくのが苦しい場合。

楽になるための手段として、

個人の権利として自殺は認められるべきでしょうか?

 

少なくとも現世での苦しみは無くなるでしょう。

でも、死後というものがどういうものかわからないので

楽になるかはわかりません…

 

楽になるかわからないなら

もっと他にも、逃げる手段があるようにも思います。

仕事を辞める・休む。

それでも改善しない場合は?と問われると、

寝る…休む

これしか答えられないのですが…。

時間が経つのを待つしか無いのかもしれません。

 

それでも、苦しみが晴れないのなら…

個人の権利として認められてもおかしくないのかもしれません。

どちらの立場から見るか

こうなると、

  • 周囲の人間の立場から見るか
  • 本人の立場から見るか

で変わると言えます。

  • 周りからすれば→ショック
  • 本人→楽になれるチャンス

このような捉え方になるからです。

 

つまり、自殺を行うということは、

周りからすればどのように感じるかを

一切考慮せず、

本人の辛さのみを考慮した行為と言えるかもしれません。

 

しかし思うに、

苦しんでいる人間に他の人の事を考える余裕なんて

あるでしょうか?

無いと思います。

 

だから、私は自殺する人を責められません。

けれど、推奨もしません。

  • 死後はわからないので楽になるかは定かではないから
  • 周囲の人間が悲しむから

です。

 

さいごに

トップスターの自殺というのは本当にショッキングでした。

でも、責めたいとは思わないし、

十分休んで欲しいと願うばかりです。

辛い思いをたくさんしたのかな…。

 

もっと休んでも良い社会になればいいのに。

何もせずに時間を過ごしても良いという

価値観が広まれば良いのに。

そんな事を思いました。

 

全然まとまりませんが…

今回は、以上です。

 

ありがとうございました。