Wish Melodies Blog - 小林志保ブログ


MENU

林修先生が「小中学校の友人なんてクソ」と発言→炎上。先生に同意した件。


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ

ども、小林志保です。

 

ネットで、こんなニュースがありました。

news.livedoor.com

 

思うことがありましたので書きます。

 

 

内容と、受けた批判

カリスマ先生

要は、

小中学校でいじめられてる子に対して、

小中学校の周りの人間なんて、

一生涯関わるわけじゃないから

大丈夫、別に気にすんな

 

っていう事でした。

 

でも、

「友達は大事にしろ!」

と、批判が来たみたいです。

 

論点がずれている

「友人なんてクソ」というところだけ抜粋すれば、

「友人なんて大事じゃありません」

と聴こえるかもしれないけれど。

 

そうじゃなくて、

いじめられてる子は、

そのいじめっ子との縁が一生続くわけじゃないから

安心しなよ。

 

という意味で言っています。

 

だから、もう、論点がずれてるので、

完全に的外れの批判かと思われます。

 

いじめ

いじめ-涙の選択- (ちゃおフラワーコミックス)

いじめられた経験は私にもあります。

学校で、お弁当に消しゴムのカス入れられたり、

暴言吐かれたり、仲間はずれにされたり。

 

大人になってからもありました。

女性陣集団で無視。みたいな。おいおい。

 

小学校の時は復讐したりw、

大人になってからはちゃんと距離をおいたり

(ガキかよ…と思いながら…)

対策を取りました。

 

まあ、いい気持ちがする行為ではないですよね。

集団って嫌だなあと思いながら

どう生きるか、どう不快な状況を回避するか

頭を悩ます日々は。余計なエネルギー使う。

 

f:id:wishmelo:20171209184834p:plain

ほんとでも、

一生続く縁じゃないんだよ。

 

だから、ムリに仲良くする必要もないし

距離置けばいいの、逃げていいの

 

林先生は、

「考えてみればたまたま同じ地域に居て、たまたま同じ年齢で、40人の枠に放り込まれて、その中で・・・ね!」

 と発言されていますが、その通り

 

好きで一緒になったわけでもないし

家族でもない

 

好戦的な人とは戦わない方が良い。

疲れるし。

距離を置いたほうが良い。

 

家族で、問題があったらもっともっと大変だとは思う。

血の繋がり、経済面、色々と逃げられないような

がんじがらめの糸みたいなもので

そういうものに悩まされてる人も少なからずいるわけで…

 

でもね、 

他人は本当に縁が切れる。

 

特に嫌いな人。

なぜかふっと居なくなる。

そんなもんだと思う。

 

一生の友達は一生の友達でそのまま。

 

類は友を呼ぶ、って言うけど

本当にそのとおりだと思う。

 

引き寄せの法則、波長、

いや、何かはわからないけど

気が合う人は自然と気が合って

近寄ってくる、そのまま側にいるものだと思う

 

だから、ムリに誰かと仲良くする必要なんて無い

って私は思います。

 

なので、今回の林先生の発言に対して

私は完全に同意です。

単純に誤解されて批判されてるだけだなあと思いました。

 

読みづらかったらごめんなさい。

 

まあ、なるたけ生きやすいように生きましょう。

という話でした。

 

おしまい。