Wish Melodies Blog - 小林志保ブログ


MENU

魂を入れたり作ったり


スポンサーリンク


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

photo:http://gahag.net/000215-family-doll/

えーとですね。

お芝居とかやってて感じることなんですけども。

なんか「役の魂」みたいなのを

体に入れているな、という感覚なのです。

こういう話をすると宇宙人とか呼ばれちゃうんですけども!!w

人が想像したもの、

つまり小説やら何やらで作った人物像、とかは、

私たちが普段、五感で感じている「物質世界」の他の、

「イメージの世界」に

<魂を宿して、存在している>んじゃないか、

と勝手に思っています。

つまり、「想像するだけで、魂が出来上がる」、という事です。

その魂を、芝居する時にはよいしょっと体に入れる。

そういうことのかなあと思うのです。

よく、「キャラクターが勝手に動いて~」とか

漫画家さんとか小説家の人とか言ってますけど。

それは、イメージの世界の中に本当に

そのキャラクターたちの「魂」が

出来上がったからなのでは・・・

なんて思っています。

そのイメージの世界の魂は、誰でも共有できて、

みんな中に入れることができたり。

(プラトンの「イデア」的な感じ。)

そんな感じなのかな―って、勝手に想像してます。

はい。以上です。

お芝居とか楽しいよって話でした。